アプリケーション - LED

どうすればいいですか?
<すべてのトピック
プリント

アプリケーション - LED

ナノワイヤード技術を使用することで、LEDにとってどのようなメリットがありますか?

基礎知識

  • 120℃以上になると、電圧によってドーピングが減少する→P-N接合が消滅する/消えてしまう
  • 例えば、発光ダイオードは119℃までは動作しますが、120℃になるとすぐに熱暴走で死んでしまいます。
  • 正確な温度測定と良好な熱的接続ができれば、LEDを最大温度の負荷にどんどん近づけることができます。
  • 発光ダイオードの発光効率を最大にするために、数年前から発光ダイオードは理想的な動作点(最大効率)ではなく、バックドーピングのない最大電流で動作させるようになりました。
  • 通常のソフトソルダーは、約115℃で機械的強度が低下します。
  • すでにはんだ層が大きく膨張し、接合部の内部抵抗が増加→さらに
    接合部の温度が放熱によりさらに上昇する → 発光ダイオードの最大光量は、温度上昇に対する添加剤がない通常のソフトソルダーでは達成できない。

KlettWelding

  • 純銅は、電流の伝導性が高く、接続部の加熱を最小限に抑えることができるだけでなく、銅の放熱性が高いため、結果として生じる電力損失を発光ダイオードからよりよく放散することができます。
  • 銅の融点は1,085℃なので、500℃以上になっても機械的な変化はありません。
さらに ベルクロ溶接テープ
目次はこちら
ja
WordPressのクッキーに関するお知らせ by Real Cookie Banner